JAPEX PIPELINE 株式会社 ジャペックスパイプライン

[業務内容]先端技術

設計・施工・保守まで一貫した工事を行います。パイプラインに活きる先端技術
大地震にも耐える堅牢な構造
 パイプラインには、内圧・外圧に耐え、曲げや衝撃に強い弾力性に富んだ高張力鋼管を採用しています。大地震にも耐えうる強度を持つよう設計されており、これまで宮城県沖地震、新潟県中越地震などの大地震においてもその耐震性を発揮しています。
パイプを腐食から守る防食技術
 腐食防止については、埋設されるパイプラインの外面には腐食が生じないような塗覆装を施し、さらに外部電源法による電気防食を行なっています。外部電源法は、地中に設置された不溶性電極(パイプラインの代わりに腐食する)と対象設備を接続して外部電源から防食電流を供給する信頼性が高く保守管理の容易な、長距離・大規模のパイプラインに適した防食方法です。これにより、一度埋設したパイプラインは自然腐食から守られ、耐久年数を半永久的なものとしています。
パイプライン敷設工事
 パイプライン敷設にあたっては、設備環境、経済性、工期、施工性、維持管理性等を考慮し詳細設計を行ない、敷設位置を決定します。埋設された鋼管は全て溶接結合し、溶接部の非破壊検査(放射線透過試験)を実施するとともに、敷設が完了した段階で耐圧・気密試験を実施し、パイプラインシステム全体の品質確認に万全を期します。