JAPEX PIPELINE 株式会社 ジャペックスパイプライン

[HSE]HSEへの取り組み

株式会社ジャペックスパイプラインは、エネルギーの安定供給を使命とするパイプライン管理のすべてを業務とする会社です。

HSEとは、Health,Safety & Environmentの略称で、労働安全衛生・環境を示します。当社は、事業活動においてHSEを最優先課題と位置づけ、従業員を含む関係者全員の安全で健康的な生活ならびに職場での事故や怪我の防止、環境保全に取り組むことを宣言し、「HSE方針」を掲げています。また、本方針に基づいて、事業活動で発生するリスクを適切に管理するために、組織や役割・責務、活動計画、管理手順などを定め、これらを継続的に実行・改善していく仕組みを体系化したHSEマネジメントシステム(HSE-MS)を導入し、事故やトラブルの発生リスクの低減を図っています。

HSE-MSでは、組織体制をはじめ、リスクアセスメント、HSE目標、運用管理、教育・訓練、HSE-MS監査、マネジメントレビューによる見直しなどを規定し、計画(Plan)−実施及び運用(Do)−確認及び評価(Check)−改善(Act)のPDCAサイクルを繰り返すことでHSE-MSの継続的な改善と向上に取り組んでいます。

また、当社は、経営トップを委員長とするHSE委員会を設置し、HSE方針の策定・見直し、HSE-MS全体のレビューを行っています。

HSE-MS体制図
組織図